売却エージェントとは?

ソニー不動産では、お客様へサービスを提供する担当を「営業」ではなく「エージェント」と呼んでいます。
「売却エージェント」は物件の売却サポートのみに特化した売却のプロフェッショナルを示す呼び名です。

売却エージェントのポリシー

1お客様満足の徹底追求

ソニー不動産の売却エージェントは、買主側の担当を兼務しないため、物件を売りたいお客様のニーズだけに従い、ご希望の条件に合った買主を広く探すための売却戦略をご提案します。
不動産マーケットに精通した売却エージェントは、「コーディネーター」と呼ばれる弊社のサポートスタッフと連携して売却活動にあたり、高く早く売るためのアイデアと丁寧かつスピード感のある対応で、期待以上のサービスを目指します。売主様の視点に立って、売主様に”100%”尽くすのが、ソニー不動産の売却エージェントです。

2お客様利益の最大化を徹底追求

売主・買主両方に対し同一の不動産会社がお手伝いすることを「両手取引*1」といい、売主・買主を、それぞれ異なる不動産会社(エージェント)がお手伝いすることを「片手取引*2」といいます。

不動産先進国といわれている米国などでは、片手取引が標準的です。ソニー不動産では、米国型のエージェント制にならい、売却専門のエージェントと購入専門のエージェントに組織を分けています。これにより、売却エージェントは、お客様の物件の強み・魅力を見出しターゲットとなる買主像を設定し、また、ターゲットに向けた最適な広告戦略を立案・実行することで、売主様の利益の最大化に努めます。

両手取引と片手取引の特長

両手取引と片手取引の特長