2017年8月31日

ご購入をされリフォームまで行ったお部屋を、お仕事のご都合で売却されることとなったYさま。売却のご経験は今回が初めてとのことで色々な心配事がおありだったとか。しかし、実際に売り出しを始めてみると約2週間後には晴れてご成約を迎えることになり「正直、驚いた」とお話くださったと同時に「プラン通りだった」とのお言葉も。実現したスピード売却にはどのような強い「プラン」があったのか、担当の谷口と振り返っていただきました。

【売主さまプロフィール】
Yさま

【物件プロフィール】
神奈川県横浜市の2DK

【担当エージェント】

taniguchi.jpg

売却コンサルティング事業部エージェント
谷口 優太(たにぐち ゆうた)
埼玉を中心に事業展開を行う不動産仲介会社から2016年、最年少エージェントとして入社。不動産業界に変革をもたらすべく、日々営業に努めている。

ソニー不動産と臨んだ、初めての売却活動

01.jpg

――ソニー不動産に売却をご依頼された経緯をお聞かせください

【Yさま】購入したばかりの横浜市の2DKを仕事の兼ね合いで売却することになり、まずはインターネットで一括査定の申し込みから始めましたが、そこで比較検討をする中で知り得たソニー不動産の理念に面白さを感じたので、直接お会いしてみようと。会社がどのような理念を掲げていても、実際の売却活動は窓口になるご担当者さん次第ではどう転ぶか分からなかったので。

――この度の売却活動は、Yさまにとってはじめてのご経験だったとお聞きしました。

【谷口】はい。Yさまは当初、本当に売れるのか、売れた場合どのような流れになるのかなどを不安視されているようでした。

【Yさま】具体的には築年数が経っていたこと、売却期間がどれくらいになるのかを気にしていました。また、残念ながら実際にこの部屋に住み続けることは叶いませんでしたが、もとは自らがここでの生活をスタートするために色々とリフォームをした部屋だったので強い思い入れがあり、よい買主さまに恵まれることを期待していました。

絞り込んだターゲットにピンポイントで刺さった売却プラン

02.jpg

――Yさまのお部屋はプロの眼から見てどのように評価されましたか?

【谷口】率直に申し上げると、プラス面とマイナス面がそれぞれに際立っている特徴的なお部屋でした。横浜市の高台にある最上階のお部屋は、南向きの角部屋ということもあり強みはなんといってもお部屋の素晴らしい眺望にありました。さらに洋室から出入りできるバルコニーは広いルーフバルコニーで、素晴らしい眺望を満喫できる良い環境が整っているという印象を持ちました。次に弱みですが、バルコニーに面した洋室が三角形だった個性的な間取り、マンションにエレベーターがなかったことに難しさを感じました。

――強みと弱みを抱えるお部屋の売り出しにあたり、どのような売却プランを?

【谷口】売り出し時のエリアでの不動産の流動性は活発とは言えず、坪単価で勝負することは難しい状況でした。特に売出価格が1,000万円を超える物件は動きが鈍い市況下にありました。ただし、今回のYさまのお部屋は、ご自身がお住いになるつもりでリフォームを行なっていた綺麗なお部屋だったため必ずニーズはあると思えたので、まずは、近隣エリアでの住替え需要を意識した売却プランを立てました。

【Yさま】そうでしたね。結果的に先行投資という形になったリフォームへの評価も気になりました。リフォーム済みのお部屋をお求めになる方々の傾向なども加味したプランをご提案いただき、頂戴したご提案の背景や理由付けが非常に納得できるものだったので谷口さんからご提案いただいたプランでトライしてみようと考えました。

03.jpg

――具体的にはどのようなプランだったのですか?

【谷口】リフォームされているお部屋を求める買主さまには、それぞれに強い固有の購入動機をお持ちのケースが多く、そのような買主さまは住宅ローンの使用ではなくお手持ちの現金で届く範囲でお部屋を探す傾向にあります。そこで、Yさまには先に申し上げたエリア特性も鑑みて1,000万円を超えない金額設定を最終的にご提案させていただきました。
一方で今回のターゲットはかなり限定的なターゲットとなるため、リフォーム済みであること、眺望に恵まれた環境であることを強く印象付ける販売図面を作成し、潜在的な購入希望者層の取りこぼしによる機会損失を避けるためにも、弊社が強みとする「広告量の最大化」で複数の路線にまたがった重点的な売出情報の拡散に努めました。

04.jpg

ソニー不動産を選んだのは、提案の裏付けに納得できたから

――その後はどのように今回の売却は進んだのでしょう?

【Yさま】はい。その後は、おかげさまでとても順調でした。売り出し開始から1週間目で見学のお申込みをいただき、その1週間後にはそのご見学者さまとの間で成約に至りました。こんなに順調に事が運ぶのかと驚きましたが、もっと驚いたのはこの買主さまが、このエリアで1,000万円に収まる予算で、リフォームをされているお部屋をお探しであったこと。まさに谷口さんとの間で一緒に練ったプラン通りの買主さまに恵まれることになりました。

05.jpg

――なるほど。これ以上ない結果を迎えられたようですね。ところで、話が前後して恐縮ですが、今回なぜソニー不動産をご指名いただけたのでしょうか。

【Yさま】谷口さんからいただく説明の一つひとつにしっかりとした根拠を感じられたところが大きな理由です。この印象は、最初にお会いした時から成約に至るまで変わることはありませんでした。正直なところ、最初の一括査定ではソニー不動産にお出しいただいた金額よりも良い条件をご提示くださった不動産仲介会社もありましたが、お会いした谷口さんからお聞きした査定額の根拠が非常に合理的ですんなりと納得できたのがその後の信頼感につながりました。これは、実際の売却額を決める際に交わしたやり取りでも同じです。売り手としては、やはり高く売れるに越したことはないですが、現実的な判断を明確な根拠を添えてご提案いただいたことで売り手として正しい判断を下せたのではないかと考えています。
余談にはなりますが、今回のソニー不動産との売却活動の経験から、不動産売却を検討している知人にも安心して勧めることができると考えて、実際に谷口さんにもご相談させていただきましたが、そもそもソニー不動産を選んだという自分の判断を失敗したと思っていたら、決してご紹介はしないのでソニー不動産への満足度の高さはそこから推し量っていただければと思います(笑)。この度は本当にお世話になりました。

(ソニー不動産編集部)

  • ツイートする
  • シェアする
  • Google+で共有する
  • ブックマーク
  • LINEで送る

売却成功事例をもっと見る