心がけたのは不安の解消。行動力とコミュニケーションで獲得したスピード売却

転勤やお子さまの自立などの理由から、埼玉県川口市にお持ちのマンションの売却をご決意されたTさま。ソニー不動産以前に売却のご相談をされていた不動産仲介会社さまのご担当者とは、なかなか足並みが揃わず不安が募るばかりだったとか。加えて、ご家族は転居先にお引越し済みで、内見をいつでも受け入れられる状態ではあったものの、残したままの家具や荷物をどうすべきかずっとお悩みだったそうです。ご希望された額でスピーディーな売却を実現したこの度の売却活動を、担当の枝を交えTさまにお話いただきました。


売主さまプロフィール

Tさま

物件プロフィール

埼玉県川口市の3LDK

担当エージェント


eda.jpg

売却コンサルティング事業部エージェント
枝 広高(えだ ひろたか)

不動産仲介会社、マンション管理会社を経て、2015年にソニー不動産へ入社。ソニー不動産独自の売却スキームを活かし、常に売主様の立場に立ち、高値ご成約を追求。


大きくなった不安を抱え、ソニー不動産に相談

01.jpg

ソニー不動産を知ったきっかけを教えてください。

Tさま

はじめは別の不動産仲介会社に売却の相談をしていたのですが、担当の方の動きが見えづらく、漠然とした不安を抱えていました。そこで、他の不動産仲介会社はどういうものかを知りたくなり色々と情報収集している過程で、ソニー不動産のバナーをネットで目にしたのがそもそものきっかけです。そこまで関係のないことは承知の上ですが、別でお世話になっているソニー銀行とのやりとりの印象がとても良かったので、「ソニーのグループ会社さんなら......」と縁のようなものを感じてお電話をさせていただいたことを覚えています。

最初にご連絡をいただいた際にお聞かせくださった、物件の現状や売却に向けての思いなど、とてもしっかりとしたご意見をお持ちだなという印象を受けました。

Tさま

停滞を感じていた売却活動に気をもんでいたので、その時のお電話で「まずはお部屋を拝見させてください」と、すぐに現地を訪問していただけたのがとても嬉しく、また頼もしく感じました。枝さんとお会いしてから、売却活動のリスタートに向けて大きく動き出せました。

プロの目から見たTさまの物件の印象は?

「ニーズのあるマンション」とすぐに判断できました。駅からも近く、周辺のエリアでシンボリックなタワーマンションで、ロケーションとしても都内への交通網が整備されているので川口エリアに留まらず、都内からのニーズもおおいに見込めると考えたからです。加えて、お部屋が26階という高層階だったことも大きな魅力に感じました。

Tさま

前の不動産仲介会社に売却を依頼してから、すでに3ヶ月が経過し、売れる見込みが立たず、わたしたちにも焦りがあったので、あらためて枝さんに物件を高く評価していただけて、あの時はとても安心しました。

ソニー不動産にご相談いただいたのは12月だったかと思います。1月、2月、3月は不動産の動きが活発になるタイミングなので、ご連絡をいただいた時期も追い風になりました。

疑問や不安は、密なコミュニケーションで一つひとつ解決していく

02.jpg

Tさまが抱えていた「漠然とした不安」とは?

Tさま

前の仲介会社では、売却に関しての動きがあまり感じられず、当事者であるわたしたちの家族は「ただ待っているだけ」という感覚が常にありました。わたしたちの意見を汲んでもらえないもどかしさを感じる時間だけが過ぎていき、家族の中でも「このまま任せていて大丈夫だろうか」と話が出るようになって......。そんな状態が3ヶ月も続いた後だったので、なおさら枝さんの積極的な姿勢や行動力は印象的でした。

ありがとうございます。不動産を売却するという経験は、人生の中でそう何度もあることではありません。その中で生じる「本当に売れるのか」という不安は、売主さまと同じくらいの切迫感を持つことを心がけ、売主さまにしっかりと寄り添う売却エージェントとして、密なコミュニケーションを何よりも大切にしています。実際Tさまとのやりとりでも、どんな些細な疑問や不安でも、何か感じることがあったらすぐに解消していただけるような進め方に集中しました。

03.jpg

Tさまには、どういった心配事が?

Tさまが売却をスタートされた時にはすでに空室で見学者さまをいつでもお連れできる状態でした。ただ、家具やお荷物は残ったまま。その状態が売却活動に差し障りがあるのではないか、と当初からご懸念されていました。

Tさま

はい。例えばリビングには大きなテーブルが残っており、すこし窮屈な印象を与えないかと感じていました。また、10年以上も住んでいたので、その間にバラバラと家具が入れ替わり、インテリアとしての統一感もなく、ベストな状態とは言えずこの状態で見学者さまをお招きするより、残置物をすべて片付けた方が良いのでは? というのがわたしたち家族の意見でしたが、行動に移しかねていたのは、以前の不動産仲介会社のご担当者から「家具があった方が実際の生活のイメージが湧くから」との助言に従っていたからです。

わたしの見立ては逆でした。家具やお荷物がなければ、お部屋がもつ開放感も明確になり、より良い印象を与えることができます。さらに、部屋がすっきりすることでもともと大きな魅力だった眺望も際立つと考えたからです。結果としてわたしのご提案を快くお受けいただき、いろいろとお手間をおかけしたかと思いますが、一定の効果はあったと思っています。

Tさま

以前の不動産仲介会社の売却活動はスタートしてから時間が経っていて、客観的な視点で我が家のどこをアピールすればよいかの判断がなかなか定まらない状態でした。枝さんが最初にお部屋をご覧になったタイミングですぐに「まずは空にしましょう!」と言ってくださったので、色々な迷いが消えたのですぐに現在住んでいる家の近くに部屋を借り、家財を動かしました。

準備を怠らず、できることから迅速に

04.jpg

高いポテンシャルを備えた物件。販売戦略でのポイントは?

ご依頼いただいたタイミングと物件そのもののポテンシャルの高さ、そして広いエリアからの集客を狙える立地ということもあり、まずはスピード感をもってできることからはじめました。またTさまと一緒に打ち出すべきポイントを一つひとつ決めていけたことは、販売活動を迷いなく進めていくための良い手順を踏めたと思っています。例えばベランダからの眺望。たまたまTさまが撮影されていた夕暮れ時のお写真は、弊社がこだわる販売図面の大きなヒキになりました。

Tさま

以前の不動産会社は、眺望について、なぜか広告で触れてくれなかったので歯がゆい思いを抱えていました。実際にわたしたちがここで生活していた際には、常にカーテンを開けていたほど、気に入っていた眺望だったんです。

05.jpg

Tさまがお部屋の家具を移動する期間は、どのような活動を?

部屋の中に家具が残っている間は見学の受付はせず、販売開始の情報拡散に注力しました。ソニー不動産の特徴として、レインズ(※)の活用と並行して、地域密着の地場の不動産仲介業者さまにも積極的にアプローチをかけることで、より多くの方々に情報を行き渡らせています。特に今回のお部屋は都心まで通勤している方と都内にお住いの方もターゲットになるため、通常よりも広範なエリアに向けて、Tさまのお部屋への認知を高める工夫、言い換えると、見学ができる状態になるまでの時間を使い、狙ったエリアで購買意欲を持ったターゲットを掘り出していく作業にあたりました。
その甲斐あってか、残置物をご移動していただいた後、見学のご案内を始めるとすぐに見学のお申し込みを頂戴し、そこから成約までは非常に短期間でのスムーズな進行となりました。

ソニー不動産が発揮する、スピーディーな行動力と丁寧な仕事ぶり

06.jpg

お問合せから2ヶ月という短期間で、ご希望通りの額でご成約となりました。

Tさま

枝さんは非常に丁寧な仕事をされる方で、ファーストコンタクトからとても好感を持つことができました。連絡ひとつをとっても、迅速にお返事をいただけ、ご用意くださる資料もきちんとクリアファイルに収められている。こういったことは些細なことで当然と言われればそれまでですが、不動産売却という大きなチャレンジに四苦八苦していたわたしたちには、このような細かい部分からも安心感を得ることができたので、お客さんという立場からするとやはりないがしろに出来ない大切な点だと思います。

今回は物件が持つ魅力や訴求点を決め込む過程で、売主さまとしっかりとコミュニケーションをとる大切さをあらためて実感しましたが、よい結果を迎えることできた一番の要因はわたしに信頼をお寄せくださったTさまがすぐにお部屋の片付けに着手してくださったことにあると思います。わたしの仕事の進め方や、売却エージェントとしての一挙手一投足でお客さまのご判断やご決断のスピードや質に影響を与えうるという「気づき」を頂戴した得難い経験となり、おかげさまでわたしにとっても忘れがたい売却事例となりました。この度はまことにありがとうございました。

  • *:レインズとは、Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称で、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータ・ネットワーク・システムの名称になります。
    指定流通機構の会員不動産会社が不動産情報を受け取ったり情報提供を行うシステムで、会員間での情報交換がリアルタイムで行われています。

(ソニー不動産編集部)

記事一覧へ戻る

不動産に関するご相談はこちら

不動産の売却戦略について相談したい方、話しを聞いてみたい方

相談のみでもO.K.!

お電話でのお問い合わせ

拠点の場所はこちら

アクセス・拠点一覧

受付時間・定休日(お電話・ご来店ともに)

<受付時間>
10:00〜18:30 ※定休日、ゴールデンウィーク、夏期休業および年末年始を除く

<定休日>
◆不動産の購入/売却:火曜日、水曜日 ◆不動産の管理:水曜日