仲介手数料とは何ですか?

仲介手数料とは、不動産取引が成約した際に、不動産会社がお客様から受領するご報酬のことです(媒介手数料・媒介報酬とも言います。)
宅地建物取引業法第46条第1項の規定に基づき、不動産会社が受領することのできる仲介手数料の上限額が定められています。

  • 物件成約価格が200万円以下の場合、成約価格の5%の金額
  • 物件成約価格が200万円を超え、400万円以下の場合、成約価格の4%+2万円の金額
  • 物件成約価格が400万円を超える場合、成約価格の3%+6万円の金額

このように、法定上限の仲介手数料は、成約価格に対して「%」=「率」で設定されており、不動産会社の広告費用、担当者の作業内容に応じて設定されているものではありません。
例えば、

  • 1ヶ月で買主様が見つかり、成約した場合⇔6ヶ月かかって、買主様が見つかり成約した場合
  • 1億円の不動産の取引⇔1,000万円の不動産の取引

このような場合でも、一律に「率」で仲介手数料の上限が定められています。

  • ツイートする
  • シェアする
  • Google+で共有する
  • ブックマーク
  • LINEで送る