「両手取引」「片手取引」とはどんな取引ですか?大きな違いがあるのですか?

「両手取引」は不動産会社の1人の担当者が、不動産を買いたいお客様と売りたいお客様をともにお手伝いすること。
一方、「片手取引」は、不動産を買いたいお客様には「購入専門の担当者」、不動産を売りたいお客様には「売却専門の担当者」がお手伝いします。

不動産先進国のアメリカでは「片手取引」が標準的で、弁護士のように徹底的に代理人(=お客様)の立場に立った不動産取引を行っています。
ソニー不動産でも「片手取引」を導入することで、エージェントは100%お客様の立場に立った粘り強い交渉ができるのです。
  • ツイートする
  • シェアする
  • Google+で共有する
  • ブックマーク
  • LINEで送る