ソニー不動産株式会社
2018年5月16日

AI技術を活用してマンション価格情報を独自切り口で紹介する
「マンションAIレポート」を公開

news180516.jpg

ソニー不動産株式会社(以下「ソニー不動産」)は、ソニー株式会社と共同開発した業界最高水準の高精度なAI技術※1を用いたWEBサイト「マンションAIレポート」を本日より公開しました。

「マンションAIレポート」は1都3県のマンションの推定価格帯※2だけでなく、都道府県・市区町村・駅・沿線毎に算出した推定高額売却ランキングや推定賃料高額ランキング、築年数や間取りに応じた購入推定価格の推移など、マンションの売却・購入・賃貸希望者にとって参考になる情報を様々な切り口で紹介します。

ソニー不動産は、不動産の資産価値をより多くの方に把握いただくことで、マンションの売却・購入の検討、所有不動産を活用した資産形成のための計画づくりなどを支援し、日本国内の中古住宅市場の活性化を目指しています。

■マンション売却に関する参考データ
1都3県のマンション売却相場を築年数・間取りの組み合わせで相場価格が確認できるマトリクスや市区町村・駅・沿線毎のマンション売却の平均相場価格やAIが算出した推定の高額売却マンションランキング等を紹介しています。
また、マンション個別の詳細情報も掲載しています。
「マンションAIレポート」のマンション売却に関するページはこちらから

■マンション購入に関する参考データ
1都3県の市区町村・駅・沿線毎に築年数の変動によって推定購入価格がいくらになっていくかAIが算出して紹介しています。
また、マンション購入時に参考にしたい周辺情報等も掲載しています。
「マンションAIレポート」のマンション購入に関するページはこちらから

■マンション賃料に関する参考データ
1都3県のマンション貸出時の賃料相場を築年数の変動によって賃料相場価格が確認できる マトリクスや市区町村・駅・沿線毎のマンション賃料の平均相場価格やAIが算出した推定の高額賃料マンションランキング等を紹介しています。
「マンションAIレポート」のマンション賃料に関するページはこちらから

  • ※1:システム推定価格は、ソニー不動産がソニー株式会社と共同開発した不動産価格推定エンジンが算出する推定成約価格です。ディープラーニング(深層学習)技術を核に、独自のアルゴリズムに基づき、膨大な量のさまざまな市場動向や不動産関連情報といったビッグデータを日々自動で解析・学習することで算出され、高精度なことが特長です。推定精度は、MERで5.13%(東京都23区)、6.03%(1都3県)です(2018年5月5日時点)。「不動産価格推定エンジン」が算出した推定成約価格と直近の実際の事例における成約価格との差額(誤差)の絶対値を当該成約価格で除した値を誤差率とし、その誤差率の中央値をMER(Median Error Rate)としています。MERは機械学習の分野において推定結果の正確さを示す一般的な指標であり、MERの値が小さいほど推定精度が高いことを意味します。この数値は日々変動します。
  • ※2:「マンションAIレポート」で紹介するマンションの推定価格は、住戸毎ではなくマンション毎の価格帯となります。 ご自身が保有している住戸の推定価格を閲覧したい場合は、Yahoo! JAPANと共同運営している不動産ECプラットフォーム「おうちダイレクト」(https://realestate.yahoo.co.jp/direct)にオーナー登録して頂くことで確認できます。