ヤフー株式会社
ソニー不動産株式会社
2016年8月 2日

「おうちダイレクト」で投資用物件の取扱いを開始
https://realestate.yahoo.co.jp/direct

「おうちダイレクト」で投資用物件の取扱いを開始

ヤフー株式会社とソニー不動産株式会社が共同で企画・運営する不動産売買プラットフォーム「おうちダイレクト」は、新たに投資用物件*1の取扱いを開始します。
本日より投資用物件の所有者(売主)向けの問い合わせ専用フォームを開設し、8月23日より売り出しが可能となります。

「おうちダイレクト」は、昨年11月にサービスを開始した、マンションの所有者(売主)と購入検討者(買主)を従来よりもダイレクトに結びつけるための不動産売買プラットフォームで、マンション所有者自身が不動産仲介会社を介することなくウェブサイト上で自由にマンションを売り出せる仕組みです。*2
マンション所有者によって売り出し(掲載)が可能な物件は、これまで居住用物件のみに限定していましたが、このたびユーザーからの要望を受け、新たに投資用物件の取扱いを開始します。

マンション所有者は、「おうちダイレクト」のディープラーニング(深層学習)技術を核とした高精度な不動産価格推定エンジンが算出するシステム推定価格を参考にすることで、売り出しの是非や売り出し価格を自身で決定することができ、投資用物件の売却方法の新たな選択肢が広がります。また、「おうちダイレクト」で投資用物件が成約した場合の売却仲介手数料は居住用物件と同様に「無料」のため*3、投資回収のための費用を節約することができ、繰り返し投資用物件の取引を行う投資家への大きなメリットとなります。

「おうちダイレクト」は、ユーザーの意思決定を支援するオープンなオンラインのマッチングサービス*4と、安全・安心なオフラインでの仲介サービスを組み合わせた不動産売買プラットフォームとして、投資用物件を取引対象に加えることで、今後さらなる取引拡大による日本国内の中古住宅市場の活性化をめざします。

*1:売主が第三者に賃貸中の物件をいいます。
*2:売り出しが可能なエリアは、東京23区および横浜市・川崎市です。
*3:"売却仲介手数料0円プラン"をご利用の場合に限ります("住み替えサポートプラン"をご利用の場合は、売却仲介手数料として成約価格の1%+6万円(税抜)がかかります。)
*4:居住用物件においては、購入検討者による「物件の見学申し込み」があった場合にオンライン上のマッチングが成立しますが、新たに取り扱いを開始する投資用物件においては、物件の見学ができないため、購入検討者による「物件の問い合わせ」があった場合にオンライン上のマッチングが成立します。