お願いしてみたいけど......インテリアコーディネーター、誰に頼む?

お願いしてみたいけど......インテリアコーディネーター、誰に頼む?のイメージ画像

  • シェアする
  • 共有する
  • ブックマーク
  • LINEで送る

みなさんは、「インテリアコーディネーター」と聞いて、どんな人をイメージしますか? 筆者の周囲の友人らに聞いてみると、多くの人が「部屋をオシャレにしてくれる人」と返答しました。なかには、「家を購入した暁には、フルコーディネートを依頼したい」という人も。つまりは、比較的大きな規模の模様替えじゃないとお願いできないといったイメージのようですが......実はそれ、少し間違っているようなのです。

●ソファーカバーの色や棚の特注にも対応!?

では、そもそもインテリアコーディネーターって何をする人? 225名ものインテリアコーディネーターが所属する「一般社団法人 日本インテリアコーディネーター協会」理事の杉山和佳子さんに聞きました。

「インテリアコーディネーターとは、一般的に『公益社団法人インテリア産業協会』認定の資格保持者のこと。企業や家具店などに所属している人のほか、フリーランスで活動している人もおり、個人が直接依頼することも可能ですよ。設計、建築、建材などの幅広い専門知識を持ち、その上で依頼者の"生活スタイルにあった"コーディネートをすることができます。なので、"オシャレにする"だけではないのです」(杉山さん 以下同)

つまり、「アメリカン調のかわいい部屋に」といったスタイルの要望だけでなく、「とにかくリラックスしたい」など、家でどう過ごしたいかという要望も叶えてくれるそうです。また、依頼はフルコーディネートに限らず「ソファーカバーの色を変えたい」「棚を特注したい」といった細かなものでもOK。まるでコンサルタントのように依頼者の好みや生活スタイル、生活動線、安全性などまで考慮し、コーディネートしてくれるそうです。

「さらにいうと、物件選びの段階から関わることも可能です。専門知識があるので、業者と依頼者の間に入り"通訳"の役割も果たせますし、ときには要望を叶えるため依頼者の代わりに業者に話を通すといったこともできます。肩書きは『インテリアコーディネーター』ですが、立場的には専属の『住まいアドバイザー』でもあるんです」

依頼のタイミングや内容によって、立ち回り方はさまざま。インテリアコーディネーターは思っていた以上に業務が幅広いようです。

相談する依頼主

●インテリアコーディネーターへの依頼手順は主に3ステップ

インテリアコーディネーターに依頼する場合、一般的には以下のような流れになります。

相談(要望を伝え、依頼内容を確定)

商品・プラン提案(インテリアコーディネーターがセレクトした家具やアイテムを確認)

物品売買契約

「ここまで進めば、あとはこちらで家具を購入・特注して、配置まで行います。ちなみに、家具などの費用のほか、『相談』では相談料が、『商品・プラン提案』では提案料がかかります。日本インテリアコーディネーター協会では、初回の相談料のみ90分1万円(税別)と一律料金になっています」

ただ、それ以外の費用は、当然ながら依頼内容や購入する家具などによって大きく異なります。「依頼したいけどお金が心配......」という人は、「相談」のときに予算を伝えしましょう。すると、予算内でどこまでできるか、さまざまな案を提示してくれるそうですよ。

●"気が合う"インテリアコーディネーターはどう見つける?

一度依頼すると、長いお付き合いになることが多いというインテリアコーディネーター。ならば、自分と相性の良い人にお願いしたいですよね。一体、どうやって見つけるべき?

「まずはこれまでの事例を確認しましょう。フリーランスの場合、ウェブサイトやSNSなどで発信していることが多いですし、日本インテリアコーディネーター協会など、協会のサイトの所属者リストなら一度にいろんな人の事例を確認できます。見つけたら、まずは『相談』ですね。やはり人対人なので、1度で気の合う人と出会えないこともあると思います。2度3度といろんな人に会って相談して、見極めてください」

ちなみに、筆者が「書斎を作りたいんです」と伝えたところ、「本の重さでフローリングが沈む危険がある。まずは床補強ですね」「上の方の棚は年をとると取り出せなくなるかも。ステップや一時置きのスペースを用意しましょう」「地震で落ちてこないよう、転び止めを付けないと」など、素人には考えの及ばないアドバイスが飛び出しました。しかも、収納力も倍近く上がるとか......!

自分で何とかするよりも、はるかに安全で暮らしやすくなるだろうなと実感しました。センスで選ぶか、人柄で選ぶかは、みなさん次第。自分の暮らしを理解し、寄り添ってくれるプロフェッショナルを見つけましょう!


取材・執筆:松本まゆげ
フリーライター。編集プロダクションを経てフリーランスに。現在は女性アイドルやアニメの記事を中心に執筆する。2015年にマンションを購入し、マンションの売却などに興味をもつ。

記事編集:有限会社ノオト

この記事をシェアする
  • シェアする
  • 共有する
  • ブックマーク
  • LINEで送る

取材協力

杉山和佳子さん

一般社団法人日本インテリアコーディネーター協会理事。「L.C.A. infinity」代表」。インテリアコーディネーターのほか、二級建築士の資格も持つ。住宅リフォームの設計デザインやインテリアコーディネート、店舗設計などを請け負う。
▼一般社団法人 日本インテリアコーディネーター協会
http://www.ic-on.jp/